MENU

agaの進行パターンのタイプについて

AGAとは、男性型脱毛症のことであり、おもに成人男性にみられる薄毛の状態のことです。遺伝や男性ホルモンの影響が原因となり、agaを発症すると抜け毛が進行し、薄毛が目立つようになります。そして、agaには、額の生え際から後退していく、いわゆるM字ハゲタイプと、頭頂部から薄くなるタイプ、そして、これらの混合タイプの3つの脱毛進行パターンが存在します。

 

AGAは進行性ですので、何も対処を行なわず放置しておくと、髪の毛の数は減り続けてしまい、徐々に薄毛になってしまいます。ゆえに、できるだけ早い対処が重要となります。AGAでは、薄毛になっていても、通常うぶ毛は残っています。毛包が存在していますので、髪の毛は太く長く育つ可能性は十分にあります。おもなAGAの治療法としては、専門の医療機関で受けられるもの、自宅で行えるもの、カツラを利用するなどの整容的な対処が挙げられます。

 

男性型脱毛症であるAGAの原因は、毛乳頭が正常に機能しなくなったことです。前述しましたように、遺伝のほかにもっとも大きな要因は、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンとなります。テストステロンは、毛包の細胞質にある「5αリダクターゼ」という酵素によって、「ジヒドロテストステロン(DHT)」というホルモンに変換されます。

 

このDHTは、本来、男子の胎児期には、外性器の発達を促す重要なホルモンなのですが、思春期を過ぎると、AGAだけではなく、ニキビや前立腺肥大などを引き起こす、男性ホルモンへと変化してしまいます。この悪玉DHTが、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結びつき、髪の毛の正常なサイクルを狂わしてしまい、結果、髪の毛が抜ける現象が、起こるようになるというわけです。