MENU

体毛の濃さや量とagaの関連性

男性の中には生まれつき胸毛などの体毛が多い人がいます。一般的に体毛が濃くて量が多い男性は、体質的に薄毛や禿げになりやすい傾向があります。体毛が濃い原因は男性ホルモンの分泌量が多いためです。男性ホルモンの一種であるテストステロンが多いと、薄毛になるケースが多いことが医学的に証明されており、胸毛が濃い男性はテストステロンの影響によって禿げやすくなります。テストステロンの分泌量が多いと禿げやすい理由は、毛母細胞のターンオーバーが促進されることにより、皮脂の分泌が盛んになるためです。

 

頭皮の皮脂は毛穴に詰まって発毛を阻害しますので、普段からしっかりと髪の毛を洗って、皮脂を洗い流すことが必要になります。毛穴に皮脂が詰まった状態が続くと毛の再生力がなくなって禿げてきます。男性ホルモンの過剰分泌による薄毛は、生え際や頭頂部が禿げてくるケースが多く、育毛剤やaga治療薬を使って育毛や発毛を促進させることによって治療できます。軽い症状の場合は、ドラッグストアなどで販売されている育毛剤や育毛シャンプー、育毛サプリなどで治る場合がありますが、薄毛の状態がかなり進行している時には、aga治療薬の服用が必要になります。aga治療薬にはいろいろな医薬品がありますので、薄毛治療をしている病院に行くと、最適な医薬品を処方してくれます。代表的な治療薬には、ミノキシジルやプロペシアなどがあり、これらの医薬品は薄毛治療の特効薬です。ミノキシジルやプロペシアが開発される前は、薬物療法による薄毛治療はできませんでしたが、ミノキシジルやプロペシアなどが開発されたことにより、禿げや薄毛は薬で治すことができるようになりました。