MENU

壮年性脱毛症とはagaの関係とは

agaは男性型脱毛症のことを言いますが、これは明確に分けられているわけではありませんが、年齢により呼び方が異なることがあります。男性型脱毛症の中でも主に20?30代前半から抜け毛が悪化するような場合を「若年性脱毛症」、40?50代以降に見られる脱毛のことを「壮年性脱毛症」と分類することが出来ます。なお、60歳以降に見られる抜け毛や薄毛に関しては、老人性脱毛症と分類することができ、これは老化現象による全身の体毛が薄くなる現象のことを指します。
壮年性脱毛症の場合、額の生え際から徐々に薄毛が進行するタイプと頭頂部周辺を中心として徐々に薄毛が拡大するタイプの2つに分けることが出来ます。
薄毛や抜け毛の原因としては、遺伝と男性ホルモンが深く関わっていると考えられています。
治療方法としては、薄毛や抜け毛の予防・改善に効果のある内服薬と育毛剤を併用するのが一般的です。内服薬に関しては、副作用を伴う危険性もあるため、医師の診断を受け処方されます。そのため、ドラッグストアなどで気軽に購入することが出来るわけではありませんので、注意が必要です。個人輸入という方法であれば、日本国内では販売が認められていない医薬品を手頃な価格で購入することが出来ます。しかし、その品質や効果については不透明なことも多く、副作用などのリスクを伴う可能性もあります。
医薬品を服用・使用すると同時に、薄毛や抜け毛の原因となっている可能性のある生活スタイルや食生活を改善するということも大切です。特に頭皮環境が悪化している場合には、せっかく医薬品を使用しても効果を得ることが出来ない可能性がありますので、頭皮環境の改善にも努めるようにしましょう。