MENU

agaに効く食べ物があります

agaの主な原因は活性型男性ホルモンと呼ばれるジヒドロテストステロンの影響ですが、それ以外にも遺伝や頭皮環境の悪化など様々な要素が複合的に絡まりあって発症します。食事の内容は頭皮環境に影響するため、食事の内容がagaの発症と進行にも影響があるのです。髪の毛をつくる栄養素と髪の毛の成長をサポートする栄養素が不足してしまうと正常な頭皮環境を維持することは不可能です。また脂っこい食べ物のとり過ぎは皮脂の分泌を過剰にして毛穴を詰まらせる原因となってしまうため髪の毛の発育の妨げになるのです。

 

そこで髪の毛に良いとされる食べ物を紹介します。(海藻)にはヨードという栄養素を含んでいます。このヨードには血の巡りを良くする働きがあり抜け毛や薄毛予防に繋がるのです。(卵)は鉄、亜鉛、セレニウム、硫黄と髪の毛を健康に保つミネラルが4種類も含まれているのに加え、タンパク質を豊富に含んでいるため髪の毛に良い効果が期待できます。(鮭や青魚)には髪の毛の生成に欠かせない良質のタンパク質をはじめビタミンB12や鉄分やオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。このオメガ3脂肪酸が薄毛予防など髪の毛にとって必要不可欠な栄養素なのです。(牡蠣)は亜鉛を多く含んでいます。この亜鉛は髪質を保つ効果があります。この亜鉛が不足すると髪の毛の主成分であるケラチンというタンパク質の合成が出来ずに脱毛しやすい頭髪となってしまうのです。
このようにいろいろ髪の毛に良いのある食べ物はありますが、どの食事も先に挙げた1種類だけを食べれば髪の毛が生えるということはないのです。髪の毛に良いとされる食品を含めてバランスのよい食事を心かけることがaga予防に必要なのです。