MENU

横浜でAGA治療治療を失敗しない選び方

AGA治療を行っているクリニックは非常に多くなりました。横浜にも多くの専門クリニックが存在します。薄毛や脱毛の状態はひとりひとり異なります。状態を的確に捉える事で適した治療を提案する事ができますので、しっかりと診断してくれる先生に出会える事が治療を成功させる上で重要になります。横浜でクリニックを探す場合は、エリアを横浜に指定してどのようなクリニックが存在するのか知る事から始めます。クリニックによって施す治療は異なります。また費用面も異なりますので十分な検討が必要です。
時間と費用がかかるものですから、失敗しない選び方がとても大切になります。その為には自分自身AGAについて少し勉強をする事です。また実際にクリニックを受診して医師に診断してもらい、説明を受けた上で治療をするかどうか検討するといいです。納得がいくまで妥協しない事です。長期的な治療となって行きますので、医師との信頼関係が築けていないと長い治療が上手くいきません。失敗しない選び方としては治療をはじめる前の説明と医師とのフィーリングも大事になります。AGAの症状を実感したら、なるべく早く受診する事もとても大事です。
インターネットを利用しますとすでに治療をした人のブログや感想を確認する事が出来ます。このような実体験のある人の意見を聞いてからどこのクリニックで治療を進めるか決める事も失敗しない選び方となります。薄毛や脱毛を諦めていた人も一度受診し相談してみるといいです。 

AGAの治療について

男性型脱毛症であるAGAは、治療で改善するといわれています。
AGAの治療薬としてフィナステリドという薬が開発されました。
この薬は、もともとアメリカで前立腺肥大を治療するための薬として開発されたものです。前立肥大症の患者が薬を服用したところ副作用として髪の毛が濃くなり生えてきたのです。このことによりフィナステリドが発毛と育毛の薬として注目されることになったのです。
AGA治療は、アメリカで生まれ世界中に広まって行ったのです。
日本でもAGAの治療薬としてフィナステリドが厚生労働省から認めら使われるようにています。
AGAの原因とされる男性ホルモンテストステロンの働きをこのフィナステリドが抑制することで抜け毛を予防します。
もともとは前立腺肥大症の薬です。この薬を服用することによって副作用もあることは知っておかなくてはならないのです。
男性ホルモンを抑制することから、男性機能の低下や肝機能障害、抑うつなどがあります。また、女性は服用してはいけない薬です。
副作用を感じた時は、すぐに医師の診断を受けることです。

aga専門医にまず相談してみましょう

抜け毛や薄毛にお悩みの方は自己流でどうにかしようとしないで、まずはaga専門の病院に相談しに行きましょう。現在市販の育毛剤やシャンプー、飲み薬などのサプリメント含め、様々なものが売られていますが、その人にあった成分でないと効き目がでにくい場合があります。また、そのような抜け毛対策の商品は比較的高額なものが多いです。よって、市販の高いものを使い続けて、効果がわかりにくいといったのでは、時間と費用の無駄になってしまいます。
薄毛や抜け毛治療は、時間のかかるものです。早い段階から専門医に相談して、自分にあった治療法を行うだけで、進行が食い止められるのです。
しかし、まだまだ病院で薄毛の相談をするといった行為が一般的に浸透していません。現在agaをインターネットで検索すると、全国の専門病院が一覧で見ることができます。思いがけず自分の近所に専門病院がある場合もありますし、どこの病院に行ったらいいのかわからないといった方にもオススメです。

 

薄毛治療法の代表例としては、プロペシアという薬を処方され、服用することです。保険適用外になるので少し値段は張りますが、一般で売られているサプリメントに比べれば良心的です。最近ではジェネリックの薬もでてきており、その値段はさらに安くなりました。また、頭に直接ケナコルトという注射を打つといった治療法もあります。少し痛みが伴いますが、効果が出やすい治療法です。
これらの治療法はすべての人に効果があるというのではなく、その人にあった方法が用いられます。よって、病院に行ったからすぐに発毛の兆しがでてくるということにはいきません。色々な方法を試してみて、専門医の判断でその人にあった薄毛治療を確立していきます。兎にも角にも闇雲に薄毛対策をするのではなく、まずはaga専門病院に行ってみましょう。

agaの進行速度について

aga(男性型脱毛症)の進行速度には、個人差があります。agaは、ほかの脱毛症と比べると、ゆっくりとした速度で、尚且つ、確実に進行していくという特徴があります。ゆえに、髪の毛を失いたくないのであれば、できるだけ早くAGA治療を始める必要があります。脱毛が進んだ状態と、初期の状態とでは、発毛・育毛にかかる手間と時間も、さらにかかる費用もまったく違ってきます。

 

ゆっくりとした速度で進行するAGAの進行を、早める要因のひとつがストレスです。抜け毛の進行スピードは、前述しましたように、個人差があるのですが、ストレスを受けることによって、抜け毛の量はより多くなります。ご自分の薄毛の状態を気にしすぎるというのも、ストレスとなります。AGA対策として、ストレスをうまく発散させるということは重要です。

 

ヘアサイクルが正常であれば、髪の毛が抜けても、すぐに次の健康な髪の毛が生えてきますし、抜け毛自体は自然な現象です。また、頭皮が抜け毛によって、目立つということもありません。しかし、ヘアサイクルが乱れてくると、まだ成長期の細く短い毛が抜けるようになり、抜け毛の量も多くなります。結果、「はげ」と呼ばれる状態になります。AGAには、ストレスをうまく発散させながら、ヘアサイクルを正常に戻してあげるということが必要です。

 

AGAは、進行がゆるやかだからこそ油断しやすく、確実に薄くなっていると認識するまでに、長い期間がかかりやすい傾向にあります。しかし、緩やかなスピードでも、発症すれば確実に症状は悪化していきます。鏡を見て、「最近髪の毛が薄くなったかな」と感じた時や、「最近抜け毛の量が多くなった」と思った時が、対策を練るタイミングとなります。AGAには、早期対策が重要となります。

更新履歴